REHABILITAION

スポーツにおける怪我は数多くあります。靱帯損傷、打撲、筋断裂などの急性スポーツ外傷。投げすぎ、走りすぎなどにより、繰り返しストレスがかかることによるスポーツ障害。手術の必要がなければ保存的加療としてリハビリテーションを、術後であれば病院でのリハビリテーションのち復帰までのアスレチックリハビリテーションが必要となります。いずれにしても適切なリハビリテーションを行うことによって、できるだけ早期の競技復帰を目指します。